スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

古のいろ(色彩) 葵祭

 2010-05-19
快晴 若葉萌える 京都御所を ゆったりと 動く 祭列は 下賀茂神社(賀茂御祖神社 かもみおやじんじゃ)を経て 上賀茂神社(賀茂別雷 かもわけいかずち)まで 500余名の 王朝風俗の平安絵巻である。
色 形 ともに 平安の宮廷貴族衣装は 多彩で 鮮やか  薫風の中 玉砂利を踏みしめて  動く大列は 優雅で重厚 古のいろ(色彩に)我を忘れるひと時であった。
葵祭 は 京都三大祭りの一つ 起源は古く 1400年の歴史をもつと言われている 
斎王代(さいおうだい)を 中心に 4大列 から成り 総勢 511名 馬36頭 牛4頭 牛舎2基 その長さは約1キロとのこと 長年のお世話役 伊藤さま から依頼を受けて 弊社染色の紅ロープも 祭列に 参加していた。 (昨年は紫)
葵祭お世話役 伊藤武朗様より 観覧招待席を 賜り 目前に見る 祭列者の 緊張や微笑み 稚児のあどけない 表情が 感動の中 心に残った。
写真は 伊藤様提供も含む。
089_20100527223312.jpg 1391.jpg
b1015.jpg
b2010515b.jpg
DSC00223.jpg


 
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。